カテゴリ
ビデオカード ハードディスク キーボード マウス ディスプレイ スイッチングハブ
Android 薄型テレビ 地デジ オーディオ ラジオ受信機 ケーブル
Twitter サーバ ブラウザ ブログ プログラミング オンラインストレージ
ラジオ局 電子タバコ 動画 防災



スポンサーリンク

2010年05月22日

PHPプログラミングをお勉強

プログラミングの勉強をすることにした。言語はWebアプリケーションを作って
いつかは公開したいのでPHPにした。

まず始めにソフトウェアのインストールである。いろいろ方法があるが、とりあえず
Windowsで手軽に始めたいので「XAMPP for Windows」にて必要なソフトウェアを一括で
インストールすることにした。

「PHP」はもちろんのこと「Apache」、「MySQL」、「phpMyAdmin」、「Perl」などが
まとめてインストール出来る。便利になったものである。

apache friends - xampp for windows

ここで注意しなければいけないのが、Windows Vistaの場合には、C:\Programfilesフォルダへの
インストールが上手くいかない場合がある。そこで、ドライブを変えて、E:\Programfilesフォルダへ
インストールすることにした。
XAMPPを実行したら、「Apache」を実行し、「MySQL」を実行する。これでPHPが
自分のマシン上で動作することになる。

「E:\Program Files\xampp\htdocs\xampp」が「http://localhost/xampp/」となる。

次にエディタである。普段使っているエディタでも良いのだが、デバッグや管理等で
余計な時間を掛けたくないので専用のエディタを使うことにした。
そこで今回使用することにしたのは「PHPエディタ」である。

PHPエディタ - フリーのwindows用php統合開発環境 - phpspot

ここでも注意しなければならないのは、Windows Vistaの場合には、インストール後、
普通に実行しても上手く動作しないことである。正確には動作するが、正常に終了しない。
タスクマネージャにてアプリケーションのタスク終了を行わなけれなならなくなる。

これを回避するには、実行ファイル「php_editor.exe」のプロパティを開き、
「互換性」−「特権レベル」をチェックしておく必要がある。
これで正常に動作する(はずである)。

[追記]
関連ページ
PHPプログラミングをお勉強
PHPプログラミングを学習するためのマニュアルは?

スポンサーリンク
posted by researchman at 08:00 | Comment(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



スポンサーリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。