カテゴリ
ビデオカード ハードディスク キーボード マウス ディスプレイ スイッチングハブ
Android 薄型テレビ 地デジ オーディオ ラジオ受信機 ケーブル
Twitter サーバ ブラウザ ブログ プログラミング オンラインストレージ
ラジオ局 電子タバコ 動画 防災



スポンサーリンク

2012年04月19日

AndroidのIME(日本語入力システム)アプリ(13種)をいろいろと調べた

最初、IMEには標準で入っていた「Androidキーボード」や「フィットキー」を使っていたが、どうも使いづらい。その後、「Google 日本語入力」をインストールしたが、やはり、低スペックのP-01Dではメモリ(ROM)を消費して辛い。変わって、「Simeji」インストールした。良い感じである。でも、やはりメモリの消費が気になる。そこで代わりとなるIMEを調べてみることにした。

条件としては、出来るだけメモリを消費しない様にしたい。入力方式は、フリック入力とQWERTY入力は欲しい。この条件の元、調べてみた。

[Androidキーボード]
Ver.2.3.4
合計220kB = アプリケーション220kB + データ0.00B

[フィットキー]
Ver.1.0
合計1.22MB = アプリケーション1.22MB + データ0.00B

[Google 日本語入力]Google Inc.作
Ver.1.3.983.3 7.7MB
合計18.50MB = アプリケーション18.50MB + データ0.00B
フリック入力,トグル入力,QWERTY入力

[Simeji]adamrocker作
Ver.4.9.9.4 4.2MB
合計7.32MB = アプリケーション7.32MB + データ0.00B
フリック入力,QWERTY入力
アルファベットは一番打ちやすい気がする
トグル入力が出来ない

[OpenWnnフリック入力対応版]Kunimasa Noda作
Ver.2.01 5.3MB
合計8.30MB→496kB = アプリケーション8.30MB→492kB + データ0.00B→4.00kB(SDカード移動による変化)
合計496kB→6.99MB = アプリケーション492kB + データ4.00kB→6.51MB(初回起動時変化)
フリック入力,トグル入力,QWERTY入力

[OpenWnn plus]OWplus Project作
Ver.1.7.3 2.2MB
合計4.93MB = アプリケーション4.93MB + データ0.00B
フリック入力,トグル入力,QWERTY入力

[OpenWnn Japanese IME ARM ver]FREE WING作
Ver.2011.12.24 2.6MB
合計5.27MB→220kB = アプリケーション5.27MB→216kB + データ0.00B→4.00kB(SDカード移動による変化)
トグル入力,ABC入力
SDカードへ移動が可能
フリック入力出来ない

[OpenWnn Gingerbread]Maximilian Scherr作
Ver.1.0 4.8MB
合計5.87MB = アプリケーション5.87MB + データ0.00B
トグル入力,ABC入力
フリック入力出来ない

[OpenWnn Ice Cream Sandwich]Maximilian Scherr作
Ver.1.2 4.8MB
合計5.87MB = アプリケーション5.87MB + データ0.00B
トグル入力,ABC入力
フリック入力出来ない

[ArtIME 日本語入力]Kenichi Takahashi作
Ver.1.2.1 3.4MB
合計6.38MB = アプリケーション6.38MB + データ0.00B
フリック入力,トグル入力,QWERTY入力
設定により入力しやすくなる

[YomeWnn]Code Archives作
Ver.1.3.3 2.7MB
合計5.49MB = アプリケーション5.49MB + データ0.00B
フリック入力,トグル入力,QWERTY入力
フリック入力しづらい(誤動作?)

[COBIME - 文字入力&日本語変換アプリ (正式版)]COB's Products作
Ver.1.0.0 1.8MB
合計4.76MB = アプリケーション4.76MB + データ0.00B
あかさたな入力,ABC入力
入力キーが大きく、あかさたな入力出来るので初心者向き

[日本語入力かえでIME V3 体験版]PC-CRAFT.co.jp作
Ver.1.0.0 1.8MB
合計2.13MB→12.77MB = アプリケーション2.13MB + データ0.00B→10.64MB(辞書インストールによる変化)
50音入力,あかさたな入力,QWERTY入力
辞書をインストールする必要有り(データが約10MB)
入力方式は初心者向きだが、キーは小さく押しづらい

フリック入力とQWERTY入力が出来るものとしては、「Google 日本語入力」、「Simeji」、「OpenWnnフリック入力対応版」、「OpenWnn plus」、「ArtIME 日本語入力」、「YomeWnn」があったが、「YomeWnn」は動作に不安があった。その他は大きな差は無い感じであるので最もメモリを消費しない「OpenWnn plus」を使ってみることにした。問題なければこのまま使い続けそうである。



関連ページ
NTT docomoの歴代Androidスマートフォンについて調べた
NTT docomoの2011-2012年冬春モデルAndroidスマートフォンについて調べた
NTT docomoのDisney Mobile F-08D P-05D Androidスマートフォンについて調べた
NTT docomoのXperia NX SO-02D Androidスマートフォンについて調べた
NTT docomoのAQUOS PHONE SH-06D Androidスマートフォン、MEDIAS TAB N-06D Androidタブレットについて調べた
NTT docomoのP-04D Androidスマートフォンについて調べた
NTT docomoのMEDIAS ES N-05D Androidスマートフォンについて調べた
NTT docomoのGalaxy Note SC-05D、Xperia acro HD SO-03D、AQUOS PHONE SH-06D NERV Androidスマートフォンについて調べた
NTT docomoの2012年夏モデルAndroidスマートフォンについて調べた

P-01Dを買って厳選してインストールしたAndroidアプリ
Androidのバッテリーモニタアプリ(19種)をメモリ(ROM)容量を減らすためいろいろと調べた
Androidのブラウザアプリ(10種)をいろいろと調べた
AndroidのIME(日本語入力システム)アプリ(13種)をいろいろと調べた
タグ:アプリ android
posted by researchman at 19:51| Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



スポンサーリンク


スポンサーリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。