カテゴリ
ビデオカード ハードディスク キーボード マウス ディスプレイ スイッチングハブ
Android 薄型テレビ 地デジ オーディオ ラジオ受信機 ケーブル
Twitter サーバ ブラウザ ブログ プログラミング オンラインストレージ
ラジオ局 電子タバコ 動画 防災



スポンサーリンク

2009年08月31日

現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Panasonic)

Geloso 26G48 (1954年. イタリア) Nー307


Panasonic製の現在でも買える短波受信ラジオの詳細仕様を調べた。

[Panasonic]
・Panasonic RF-B11 FM/LW/MW/SW1-9 希望小売価格8,400円 ¥5,859@amazon
 受信周波数
  LW 148.5-285kHz
  MW 525-1629kHz
  SW 3.9〜4.0、5.95〜6.2、7.1〜7.3、9.5〜9.9、11.65〜12.05、13.6〜13.8、15.1〜15.6、
   17.55〜17.9、21.45〜21.75MHz
  FM 76-108MHz
 幅×高さ×奥行・質量(電池含む) 174.0×92.0×33.0mm・340g

SONYのICF-SW11と同等といったところ。とりあえずというなら良いが、もっと安そうな
他メーカ品もありそうです。



[追記]
関連ページ
現在でも買える短波受信ラジオ(国内有名メーカ):SONY、Panasonic
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SONY)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Panasonic)
現在でも買える短波受信ラジオ(SONY、Panasonicを除く他メーカ)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SANGEAN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Eton)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ANJAN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Kchibo)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(DEGEN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(REDSUN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(TECSUN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(KAIDE)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ICOM)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(AudioComm)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(オーム電機)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ELPA)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ANDO)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Qriom)

パソコンで短波受信出来る外付けチューナ(サンコー)

乾電池が不要な日本メーカー製防災用ラジオについて調べた
posted by researchman at 08:00| Comment(0) | ラジオ受信機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SONY)

Geloso 26G48 (1954年. イタリア) Nー307


SONY製の現在でも買える短波受信ラジオの詳細仕様を調べた。

[SONY]
・SONY ICF-SW07 FMステレオ/LW/MW/SW PLLシンセサイザー 希望小売価格62,790円 ¥44,930@amazon
 回路方式 FMスーパーヘテロダインAMデュアルコンバーション
 受信周波数
  LW 150-529kHz
  MW 530-1620kHz
  SW 1.621-29.999MHz
  FM 76-108MHz
 アンテナ FM/SW用ロッドアンテナ・MW/LW用フェライトバーアンテナ・LW/MW/SW用アンテナ端子
 同期検波、SSB、外部アンテナ端子、10キー
 メモリ数 122
 幅×高さ×奥行・質量(電池含む) 135×32.5×91mm・257g

・SONY ICF-SW7600GR FMステレオ/LW/MW/SW PLLシンセサイザー 希望小売価格42,000円 ¥30,300@amazon
 回路方式 FMスーパーヘテロダインAMデュアルコンバーション
 受信周波数
  LW 150-529kHz
  MW 530-1620kHz
  SW 1.621-29.999MHz
  FM 76-108MHz
 アンテナ LW/MWフェライトバーアンテナ・FM/SWロッドアンテナ
 同期検波、SSB、外部アンテナ端子、10キー
 メモリ数 100
 幅×高さ×奥行・質量(電池含む) 190×118.8×35.3mm・608g

・SONY ICF-SW35 FMステレオ/LW/MW/SW PLLシンセサイザー 希望小売価格20,790円 ¥14,980@amazon
 回路方式 FM/MWスーパーヘテロダインAMデュアルコンバーション
 受信周波数
  LW 150-285kHz
  MW 530-1710kHz
  SW 2.250-26.100MHz
  FM 76-108MHz
 アンテナ MWフェライトバーアンテナ・FM/SWロッドアンテナ
 メモリ数 50
 幅×高さ×奥行・質量(電池含む) 168×106×35mm・405g

・SONY ICF-SW23 FM/MW/SW1-7 希望小売価格14,280円 ¥11,150@amazon
 回路方式 FM/MWスーパーヘテロダインSWデュアルコンバーション
 受信周波数
  MW 530-1710kHz
  SW 3.625-4.275、5.775-6.425、9.375-10.025、11.615-12.265、15.000-15.650、17.500-18.150、
   21.325-21.975MHz
  FM 76-108MHz
 アンテナ MWフェライトバーアンテナ・FM/SWロッドアンテナ
 幅×高さ×奥行・質量(電池含む) 116.5×72.5×28mm・200g

・SONY ICF-SW11 FMステレオ/LW/MW/SW1-9 希望小売価格8,190円 ¥5,480@amazon
 回路方式 FM/LW/SW/MWスーパーヘテロダイン方式シングルコンバーション
 受信周波数
  LW 141-290kHz
  MW 525-1620kHz
  SW 3.850-4.050、5.900-6.200、7.100-7.350、9.400-9.990、11.600-12.100、13.570-13.870、
   15.100-15.800、17480-17900、21450-21750MHz
  FM 76-108MHz
 アンテナ MWフェライトバーアンテナ・FM/SWロッドアンテナ
 幅×高さ×奥行・質量(電池含む) 162×93.8×34.8mm・340g

本格的に聞くなら、最低でもPLLと外部アンテナ端子は欲しいところだ。
ということで買うならICF-SW7600GRが欲しい。
とりあえずというなら、安いICF-SW11があるが、もっと安そうな他メーカ品も
ありそうです。











[追記]
関連ページ
現在でも買える短波受信ラジオ(国内有名メーカ):SONY、Panasonic
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SONY)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Panasonic)
現在でも買える短波受信ラジオ(SONY、Panasonicを除く他メーカ)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SANGEAN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Eton)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ANJAN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Kchibo)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(DEGEN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(REDSUN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(TECSUN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(KAIDE)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ICOM)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(AudioComm)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(オーム電機)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ELPA)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ANDO)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Qriom)

パソコンで短波受信出来る外付けチューナ(サンコー)

乾電池が不要な日本メーカー製防災用ラジオについて調べた
posted by researchman at 00:00| Comment(0) | ラジオ受信機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

現在でも買える短波受信ラジオ(国内有名メーカ)

Geloso 26G48 (1954年. イタリア) Nー307


最近、BCL(Broadcasting Listening/Listener)が再ブームの様である。
短波、中波などの国際放送などをラジオで聴いて楽しむ趣味で、1970年代〜1980年代に
ブームになった。
私も当時はまって海外だけでなく国内の放送をラジオで聞いていた。
当時私が使っていたラジオはSONY ICF-6800である。現在も保有するが、
30年近く前の物で、御多分に漏れずSW(短波)は動作しておらず、また、
ボリュームを回すとガリガリ音がする。AM(中波)とFMは何とか動作している様である。
そこで現在でも買える短波放送が受信出来るラジオについて調べてみた。

現在、国内メーカで短波放送を聴くことが出来るラジオを製造しているのは
有名なところでSONYとPanasonicの2社があった。
当時、SONYとPanasonic(当時PanasonicはNationalブランド)はBCLラジオの
メーカとしても人気を誇っていた。現在でも短波受信ラジオを作っているのが嬉しい。
他に国内、海外にも作っているところがあるみたいだが、とりあえずこの2社に
ついて調べてみた。

[SONY]
・SONY ICF-SW07 希望小売価格62,790円
・SONY ICF-SW7600GR 希望小売価格42,000円
・SONY ICF-SW35 希望小売価格20,790円
・SONY ICF-SW23 希望小売価格14,280円
・SONY ICF-SW11 希望小売価格8,190円

[Panasonic]
・Panasonic RF-B11 希望小売価格 8,400円

詳細仕様、他メーカ品についてはあらためて調べることにする。













[追記]
関連ページ
現在でも買える短波受信ラジオ(国内有名メーカ):SONY、Panasonic
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SONY)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Panasonic)
現在でも買える短波受信ラジオ(SONY、Panasonicを除く他メーカ)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(SANGEAN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Eton)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ANJAN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Kchibo)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(DEGEN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(REDSUN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(TECSUN)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(KAIDE)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ICOM)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(AudioComm)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(オーム電機)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ELPA)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(ANDO)
現在でも買える短波受信ラジオの仕様(Qriom)

パソコンで短波受信出来る外付けチューナ(サンコー)

乾電池が不要な日本メーカー製防災用ラジオについて調べた
タグ:短波 ラジオ BCL
posted by researchman at 01:40| Comment(0) | ラジオ受信機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法(追加情報2)

Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法」で
トップページ、記事ページのみ最初の記事内にAdSenseなどを表示出来る様になりました。
しかし、過去ログページ、カテゴリページは表示出来ませんでした。そこで、
過去ログページ、カテゴリページの時に何とか表示出来ないかと考え、
あることがひらめいたので確かめてみました。
記事内には表示出来ないのですが、過去ログページ、カテゴリページの時には、
最初の記事の前に表示出来る様になりました。

まず、デザイン−コンテンツで記事を表示しているカラム内に「自由形式」と
「記事」のコンテンツを下記の様に新たに追加します。
blog1.jpg
ここでの「(元)記事」とは、
Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法
又は
Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法(追加情報)
など、記事内にAdSenseなどを表示出来る様にした「記事」コンテンツです。
タイトルを「記事(トップ、記事用)」とでも変更して下さい。
新たに追加した「記事」コンテンツの中身は変更せず、タイトルを
「記事(過去、カテゴリ用)」とでも変更して下さい。
追加した「自由形式」コンテンツには、過去ログページ、カテゴリページの時に
表示させるAdSenseなどを設定して、タイトルを「AdSense(過去、カテゴリ用)」
とでも変更して下さい。

次に、デザイン−コンテンツ−オプションの「ページアイコンの表示」に
チェックを入れます。
blog2.jpg
すると、コンテンツにページアイコンが表示されますので、
ページアイコンをチェックして下記の様にして下さい。
blog3.jpg
これでOKなはずです。

最初の記事内にAdSenseなどを表示した例
トップページ
記事ページ

最初の記事の前にAdSenseなどを表示した例
過去ログページ
カテゴリページ

[追記]
関連ページ
Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法
Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法(追加情報)
Seesaaブログでブログタイトル、ブログ説明の下にAdSenseなどを表示する方法
Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法(追加情報2)

注)
現在は設定を変えて、過去ログページ、カテゴリページでは最初の記事の前にAdSenseを
表示せず、サイドバーに表示する様にしています。
タグ:Seesaa AdSense
posted by researchman at 07:35| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

特殊文字の記述

以前、「Seesaaブログで最初の記事だけにAdSenseなどを表示する方法」を書き込んだ時、
ブログの表示がおかしくなってしまった。
原因はSeesaaブログなどタグ投稿が行えるブログの記事中に、特殊文字(< > $ "など)を
書くと誤認識し誤動作することにありました。
これはSeesaaブログに限った事ではなく、ブログ、Web全般においても同じことが
起こり得る事だと思います。
正しく表示させるためには特殊文字を記述を変えて表記しなければなりません。
忘れないために記録しておきます。

特殊文字の記述
>:&gt;
<:&lt;
&:&amp;
":&quot;

なお、下記に変換してくれるサイトがあります。
HTML特殊文字変換ツール
タグ:特殊文字
posted by researchman at 08:00| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



スポンサーリンク


スポンサーリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。